シミ治療に効果抜群!レーザー治療や美白クリームできれいな肌に

美容整形で女性の夢を叶える

綺麗な顔になる

鏡を見る人

顔にできてしまったシミは美容外科の美容整形で消してもらえます。レーザー治療を行うことにより、シミは完全に消えます。顔にあると老けてみられますしマイナスイメージが残るので、早めになくしてしまいましょう。

透明感ある肌を手に入れる

女の人

シミ治療に効果的な期待が出来る美容皮膚科のレーザー治療は肌自体の明るさを取り戻し痛みも伴わずに施術出来て、施術後の手間もないので、人気の理由になっています。王道になったため、医院自体が多くあるのでしっかり下調べをするのが大切です。

予防と改善の仕方

ナース

予防と改善の仕方

しみを消す方法には、美白クリームを塗る、メイクでカバーする、医療機関で治療を受けるなどの選択肢があります。一番手っ取り早い方法が、メイクでうまくカバーする方法です。コンシーラーを使えば、その場ですぐに気になるシミ・ソバカスがなくなります。しかし、コンシーラーの場合はあくまでも一時的に隠しているだけなので、根本的な解決法ではありません。美白クリームを塗ってケアをしたり、医療機関で治療を受けたりすれば、シミそのものを無くすことができます。美白クリームには、「予防するタイプ」と「消すタイプ」の2つの種類があります。化粧品コーナーで市販されている大手化粧品メーカー販売の美白化粧品は、ほとんどがシミの予防に効果があるものばかりです。毎日使うことで発生するのを予防することはできますが、すでにシミが出来てしまっている場合は手遅れになります。医薬品を配合している美白クリームなら、すでに発生しているシミを薄くすることができます。ハイドロキノンは、高い漂白効果がある美白系の医薬品です。ハイドロキノンを配合している美白クリームには、メラニン色素を還元し、シミを漂白する効果・効能があります。また、トレチノインにも同じように漂白作用があり、医薬品の美白クリームに使われていることが多い成分です。予防には市販の美白クリーム、漂白には医薬品の美白クリームと使い分けるのがお勧めです。医療機関でレーザー治療を受ければ、一回でしっかりシミを消せます。レーザー治療は美容外科・美容皮膚科などで導入している治療法の一つです。レーザーは医療脱毛、アンチエイジング、ニキビ跡、毛穴など、様々な症状の改善に使われていて、非常に高い効果があります。シミ治療の場合、茶色い色素沈着がある部分だけをターゲットにして、少しずつレーザーを照射します。深いところからメラニンが発生している場合は、麻酔クリームなどを塗ってからレーザーを照射します。浅いところから発生している場合は、麻酔なしでも痛みを感じることなくレーザー治療が受けられます。治療は5分程度で終わり、痛み止めや炎症を抑える軟膏を処方してもらって帰宅できます。レーザーを照射するとその部分の肌が赤く陥没したようになるので、しばらく絆創膏を貼っておくことが大切です。しばらくすると陥没した部分が盛り上がり、赤みも引いて周りの皮膚と同じ色合いになります。医薬品の美白クリームでもうまく取れないシミは、レーザー治療で除去してしまったほうが簡単です。