シミ治療に効果抜群!レーザー治療や美白クリームできれいな肌に

女性
  1. ホーム
  2. ダメージ肌から美肌へ

ダメージ肌から美肌へ

ビキニの人

紫外線のダメージ回復

紫外線によって、肌は大きなダメージを受けることがあります。ダメージが重なると、肌にシミとなって残ってしまい、更に大きなシミになると化粧でも隠すことが出来なくなってしまいます。整形外科によるシミ治療には、幾つかの治療法があります。代表的な治療として機器、ピーリング、内服薬、外用薬等があります。機器による治療としては、レーザーによる治療が多いです。出力を抑えたレーザーをシミの部分に照射して、メラニン色素を少しずつ減らしていきます。微弱なレーザーの為、あまり肌に痛みなどは感じることはありません。ただし、レーザーの性能により効果が違いますし、レーザーで取れるシミと、取れないシミがあります。また、シミの種類は、医学的に見て6種類あり、種類によって使用する機器が違って来ます。主に紫外線から出来る老人性色素斑、遺伝で出来ることが多いソバカス、イボ状のポツンとした油漏性角化性、背中や胸元に出来る花弁状素斑がレーザーで回復可能です。使用する機器により、シミの状態に対する効果や治療の回数や肌への刺激、値段も変わってきます。医院によって、設置してある機器や金額が変わっています。自分の肌の状態や予算に合わせた医院を探すことが大切です。どんなに素晴らしい機器を使用していても、金額が高く通院することが出来なければ、完治することが出来ません。専門医に十分相談をし、治療法や予算に納得することが大切です。レーザーでは、ダウンタイムといった、肌を安静に休める期間が必要になります。ダウンタイム中は、紫外線等から肌への刺激を避け、保湿等の肌へのケアをしっかりとしてください。紫外線の弱まる、秋から冬にかけてがレーザー治療をするのに良い時期と言われています。レーザー以外にも、光エネルギーや高周波エネルギー、トリートメント等があります。また、そういった機器を複合的に使用して、より、美肌に近づくことが出来ます。トライアルを設けている医院もありますので、試して見ることも出来ます。もちろん、トライアルだけでは回復はしませんが、トライアル後に、医師の相談を受けて治療法を決定するのに役立ちます。ピーリングによる治療は、肌に薬剤を発布して肌にこびりついている古い角質を落とします。古い角質を落とすことにより、新しい角質への生まれ変わりを促進し、艶のある明るい肌になります。更に、毛穴に詰まった皮脂の汚れを落としますので、ニキビなどが出来にくい肌に生まれ変わります。日々のケアだけでなく、レーザー等の機器も日々進歩をしています。